fc2ブログ

放射線の怖さ

遠く離れた愛知県でも、電池、ガスコンロ、ポリタンクなどが売り切れています。

放射線の恐ろしさに、ようやく気が付き始めたっという感じでしょうか。
かといって、極端に恐れ、パニックや心身症になっても困ると思い、
なにかできないかと考えた。

そうだ、うちのレントゲン室にも、カウンターがある。
レントゲン従事者は、かならずこのバッチを付けて、撮影することになっているからだ。
これをみて、他の医療従事者や個人が情報を発信し、必要以上の恐怖を与えないようになればと思う。

個人的にやることなので、定期的な更新はできないかもしれません。
妊婦は、放射線に対する感受性が、非常に高い。
子供、特に5歳以下も感受性が高い
放射線は、DNAを傷つけるため、より、細胞分裂が盛んな細胞ほど、影響が大きいのです。
受精卵>生殖器(不妊症)>子供>大人>老人

このことを、なぜテレビで言わないのか。
憤りをおぼえる日々です。

妊婦さんは、レントゲン室も立ち入り禁止なのに。

ロイター通信、読売新聞の写真があります。
福島にて、放射線に被爆した少女が、隔離施設にて隔離され、母親と愛犬とガラス越しに面会している写真
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/dc1c1448111541b9e07045762298e84d
これはガセ?デマ?とは思えません。 かわいそうすぎる・・・天災ではなく、人災

関東では、通常の数倍の放射線が観測されたことが、公式にも発表されました。

国やテレビを完全に信用してはいけません。しかし、デマも信じてはいけません。
けっして、あおる話ではなく、個人の責任で判断し、行動してください。
ただし、そのためには、やはり、より多くの、正確な情報が必要と考えます。
みんなで力を合わせて、この苦境を乗り越えましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -