fc2ブログ

子犬と子猫を飼う前に

2cats.jpg
これからの時期、クリスマスから春先の新学期にかけて、プレゼントにペットを買う人が増えます。
命ある物を、衝動買いやプレゼント・・・というのは、絶対やめてほしい所ですが、
せめて、買うなら、ここだけ気を付けて欲しいという点について
切実なお願いをコメントしたいと思います。

飼う前に
まず、あなた自身がペットを飼う資格があるか、よ~く考えてから、買ってください。

・いのちあるものですから、不要になっても捨ててはいけません。
・いのちあるかぎり、毎日、飼い主が世話をしなければなりません。
・忙しいから・・・寒いから・・・体が悪いからっと、お散歩もできない人は、犬が可愛そうです。
・いのちあるものは、当然、病気や怪我もします。お金をかけたくない人は、飼わないでください。
・餌代をケチる人は、絶対に大型犬を飼っては行けません。 若くしてガンでなくなる大型犬多し。
・犬を家族のように大切に飼うのであれば、当然、餌代、しつけ代、治療費、予防費がかかります。

上記は「あたりまえ」・・・のことなんですけど、それができておらず、
 しつけをしなかったために、吠えて吠えてうるさい犬が、保健所に捨てられたり
 ひどい皮膚病になっても、動物病院へ連れていってもらえなかったり
 古くて悪い餌を食べて、ガリガリに痩せても、気づいてもらえなかったり
 飼い主が忙しく、散歩に連れていってもらえずに、ストレスで問題行動を起こしたり・・・

動物病院という仕事をしてて、本当に可愛そうな犬猫が少なくないのが現状です。
ご近所に、お利口さんで、毛つやも良く、とても健康そうで、かわいい犬猫いませんか?
どの犬猫も、しっかり手をかけ、大切に育てれば、そうなるのに・・・

アメリカでは、試験に合格しないと犬を飼えない州すらあるほどです。
日本では年間30万、愛知県だけでも1万匹も殺処分されているわけです。毎日30匹ですよ!!!
犬を捨てる原因の多くは、「しつけの失敗」です。
猫は、避妊手術をさせずに餌だけを与え、産まれた子猫が目も開かないうちに、捨てられます。
連れてこられる子猫の数も多く、3時間毎に乳を与え育てるのも現実的に無理なため、処分されます。
いいかげん、この数字を減らしたいです。


犬猫の選び方
そもそも、犬猫を「家族」として迎え入れたいのに、商品のようにお店から買うこと自体が間違いです。
欧米では、ペットショップでは犬猫は売っていません。法律違反です。
ブランドバッグじゃないんですから。
そのかわり、ブリーダーさんを紹介してくれますので、直接自分で行って、交渉する。
つまり、「新しい家族を分けてもらう」ことになります。
当然ですが、あなたが、ふさわしい人間でなければ、新しい家族をわけてもらえません。
日本でも、真の一流のブリーダーは、知らない人には、絶対に売ってくれません。
残念な話ですが、一部の犬種では、日本人があまりにも乱繁殖するものだから、良い血統は輸出禁止になっているものさえあります。(つまり日本では、遺伝的疾患が多い血統で繁殖をしていることになる?)

子犬を選ぶのであれば、最低でも母犬を見せてもらうべきです。
母犬がやせこけて、汚いのであれば、子犬もきっと病気がちな子になるでしょう。
遺伝的疾患もあるかどうか、その親だけでなく、おじいさん、おばあさんまで聞くべきですね。
小型犬であれば、膝の皿、大型犬ならば股関節は、特に重要です。
・・・そんなことペットショップで聞けますか?
ただ、ブリーダーさんもピン錐で、ただやたら繁殖している所から、遺伝的疾患までしっかり調べて家族同様に愛情を注いでいる愛犬家さんまでいます。
良い子犬を譲り分けてもらうには、相応に足を運んばないといけないので、時間はかかりますよ。


犬種のことも知りましょう。
例えば、コーギーなどは、もともと牛の足を咬むように作られた犬ですから、咬まれて困る人は飼うべきでないし、しつけをしなければ、咬む犬になるに決まっています。
犬種それぞれ、用途別に発展をとげており、自分の家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶべきです。
当然ですが、広い庭、長い散歩時間が取れない人は、大型犬を飼ってはいけません。
小さいお子さんがいる家は、大型犬はもちろん、日本犬、テリア系は危ないのでやめた方がいいです。

小さい犬=病気がち
本当にやめてほしいです。いい加減に気づいて欲しいです。
なぜか、小さい=かわいい=高値 っとなっているため、弱くて病気がちな犬ほど売れます。
まぁ、動物病院が儲かるわけですが・・・ 心が痛いです。
生まれつき弱い子は、一生、皮膚病や下痢で悩みます。
子犬を選ぶのであれば、まるまる太っていて、元気で活発な大きい子を選ぶべきですね。
小さくて弱い犬を誰も飼わなければ、繁殖家も、健康な犬猫をつくる努力をすると思うんですけど。

***ティーカッププードルのつくりかた***
産まれたら、母乳を与えず、砂糖水だけで育てます。 はい、できあがりです。
小さければ、小さいほど、高く売れます。そんな犬飼います?

一度は子供を産ませたいっと、交配させたがる飼い主がいますが、
人間だったら、自分の娘を見ず知らずの男に簡単に嫁にやりますか?
もし、奇形児が産まれても、一生飼いつづけることができますか?

いやはや、まだまだ日本は、むちゃくちゃですね。
ペットブームに始まり、家族になっている犬猫もいれば、半端に飼われている犬猫も多い。
こんなんでは、まだまだ、「きたない」「うるさい」「くさい」っと犬猫の社会進出は無理ですね・・・

すこしずつ、少しずつですが、この碧南から、変えていきたいと思っております。
皆様の知人友人にも広めてもらい、御協力をよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -