fc2ブログ

初乳パワーvsインフル

インフルエンザの感染率が、全国一になった愛知県。
人混みへ出かける際には、お気をつけください。

またワクチンもかなり不足しているようです。
必要なひとに届いてないようですが、どうやら月末に安全性が高いワクチンがでるようです。

ワクチンを2回打っても効果は変わらないことが今頃分かったり・・・
大丈夫なのかなぁ・・・ 不安になっているのは私だけでしょうか?

ウイルスには抗生物質は効きません。
そこで、Myブームの「初乳」の紹介です

動物でも使える免疫療法!
 加湿器: 鼻の粘膜の運動を強化して、体外からの進入を阻止する。
 にんにく: 体がとっても温まりますよ。 生姜でも良い
 ビタミンC: 大量に取ると免疫力UP 果物や野菜にも入ってます。
 大根: 咳やくしゃみによく効きます。 蜂蜜漬けにするとおいしく食べられます。
 あとはいろいろ、アガリクスとかプロポリスとか、いろいろありますね。
 
 私のMyブームは「初乳」製品です。免疫グロブリンを食べるので、本人の免疫が上がらなくても、即効性があります。牛の免疫がダイレクトにウイルスや細菌をやっつけてくれます。
 ちょっと値段が高いのがネックですが、たしかによく効きますね。
 わけのわからない、サプリメントよりは、はるかに効きますよ。

当院には「抗生物質や薬はできるだけ使いたくない!」っという方が多く訪れます。
アレルギー皮膚病、歯肉炎、慢性の鼻気管支炎、慢性の下痢、癌 などなど
 最近では、外傷でも、初期に使うことで抗生物質いらずの日々です。化膿しないですね。
 うーん、おかげで、みんな病気にならないですね・・・動物病院は閑古鳥が・・^^;

 動物用は今年から「ペテルナ」が販売されました。
ペテルナのホームページ

 人間用は・・・あまりいいものが手頃に入りませんが。参考サイト
初乳が風邪に効く
 実際に人間の子供を使って、実験して効果が出ているので、すごそうですね。
 どうしてこんなに良い物が世の中に出回らないのでしょうか? 薬屋と病院が儲からないから?

お医者さんも、近代医学ばかり勉強せず、古き良き物もなお健在なのですがら、活用してほしいです。
漢方薬だって、正しく使えば、かなり安全で、しかもよく効きますよ。
インフルエンザに対抗できる物は、ワクチンとタミフルだけじゃありませんから~

と、あるサプリメントメーカーとの話
「先生、うちの商品を使うと、病気が良くなるから、売り上げが減りますよ」っと言われたことがあり、
もちろんそれは、買わせていただきました!
(ふつう病院側は、薬を大量に処方することで、しっかり儲けを出すのですが)
こういう商品は、病院経営者らは使ってますが、患者さんたちには出さないようです。

以下、厚生省のページからの引用です。(ワクチンは後発品11月下旬~の方が安全)

○新型インフルエンザワクチンの種類
◇保存剤が入っているもの
一つの小びんに複数回分のワクチンが充てんされており、1回毎に接種量を注射器に吸引して接種する種類(バイアル製剤)。季節性インフルエンザワクチンでも同様の保存剤が使用されています。
保存剤:チメロサール※1・・・エチル水銀に由来する防腐剤であり、海外で過去に発達障害との関連性が指摘されましたが、最近の疫学研究ではその関連はないとされています。(水俣病で有名なメチル水銀とは異なります。)
2-フェノキシエタノール※2・・・妊娠動物等での催奇形性試験の結果には問題ありませんが、妊婦への使用実績は確認されていません

◇保存剤が入っていないもの
あらかじめ注射器にワクチンが成人1回接種量(0.5ml)充てんされている種類(プレフィルドシリンジ製剤)。
妊娠されている方は、保存剤の入っていない種類を希望により選択することができます

※保存剤の入っていない種類(プレフィルドシリンジ製剤)は11月後半からしか接種できませんので、希望される方はそれまでお待ちください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -