fc2ブログ

水毒

梅雨入りして、雨が続きます。
気分的にも落ち込みやすく、からだもだるくなります。

この時期になりやすい病気と、気候は、東洋医学的にはとても関係があります。

梅雨=雨=水
です。

体内に水が多くなると、いろんな症状がでます。
・膝や腰が痛い
・胃腸風邪  下痢や吐き気
・湿疹
・頭痛やめまい、耳鳴り

また、朝晩の寒暖の差が、心臓に負担がかかったりします。
犬でも、こういった症状がときどき見られます。
PNTX1461.jpg

こういった症状を、薬だけで治しても、治りません。
痛ければ痛みどめ?
痒ければ、痒みどめ?

なぜなら、原因を治していないからです。

水が多い・・・としたら、できるほうほうは2つ。
1.水を取らない
2.水を出す

水分を控えめにしましょう。 
もちろん熱中症や脱水には注意ですが。
ついつい運動不足なのに、水分や冷たい物をとりすぎてしまう。
犬でいえば、食欲が落ちたからといって、水でふやかして与えている。 などがあります。
1日、何リットル水を飲みましょうとかいった、変な説がはやっているので、困りものです。

水を出すには、やはり運動が一番です。
体が重い、だるい=運動したくない >もっと重い、だるい= もっと運動したくない >もっともっと・・・
の負の連鎖にはまりがちです。

水をお湯に変えてみたり、運動をはじめると、最初は辛いですが、あとから、とても体が軽くなります。

この時期、犬でもよくある湿疹ですが、ほとんどが水毒です。
水毒と言うのは、食べ過ぎや運動不足で、水のめぐりが悪くなり、汚い水になっていることを言います。
川の流れをイメージしてください。 流れが止まると、汚くなりますよね?

よい漢方もあるのですが、完治するためには、やはり生活習慣がキーポイントになってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -