動物保護センター

DVC00183.jpg
先日、帰省していた姪を連れて、動物保護センターに見学に行ってきました。

もともと心やさしく、動物が大好きな姪は、大きくなったら獣医さんになりたいそうです。
熊本県の動物殺処分0に関する本、「ゼロ」に関心があり、動物に関する本を読みあさっていたそうです。
「百聞は一見にしかず」っということで、だったら本物を見せてあげようと、連れて行きました。
動物保護センターとは、ボランティアとして、一緒に小学校のふれあい教室行っているため、快く応対してくれました。

残念ながら、内部の写真を公開することはできませんので、あしからず。

DVC00164.jpg
最近は、かなり捨て犬、捨て猫が減りました。
10年で10分の1です。
これはひとえに、身勝手な飼い主が減ったことと、たゆまぬ動物保護センターさんの努力によるものだと思います。
できるだけ処分したくない・・・
いまでは、新しい里親をみつけるべく、犬の再訓練をしたり、ボランティアさんの力も借りて、新たな家を探す努力をしています。

かつては、日本では毎年三十万頭の犬猫が殺処分されていた時期があります。
動物保護センターでも、毎日数百匹単位で処分に明けくれる時期もあったそうです。
仕事とはいえ、命を、無駄に奪う作業は、とても心苦しかったそうです。

動物病院では、たとえ助からない病気だとしても、一生懸命生きているペットと、
なんとかして助けたいと願う飼い主さんがいる半面、
身勝手に、命を捨てていく飼い主がいる・・・

DVC00186.jpg
前回、動物のお墓参りのお話もしたので、となりの東海動物霊苑さんにも立ち寄りました。
かわいいお墓がたくさんあります。
とても大事にされていたことが、うかがえます。
DVC00187.jpg
希望により、ペットたちの絵柄にもできるようで、とても幸せそうな笑顔がたくさんありました。

TOPの慰霊碑の写真と比べてみてください。
さびしく石碑がひとつ。
この下に、どれだけ多くの尊い命がなくなったことでしょう。

私も、動物保護センターの職員さんたちも、大切なのは、こどもの頃からの教育だと考えています。
いのちの大切さ、あたたかさ、やさしさ
今、当院では、ロイヤルアシスタントドッグというグループで、動物介在教育、ふれあい教室なども行っています。
ボランティアさんも、大募集なので、ぜひ興味のある方は連絡ください。

本当は、おとなの親を教育しないといけないのですが、おとなは頑固で難しいです。
ペットどころか、こどものしつけをしない親も多いですから、まいってしまいますね。

動物保護センターでは、犬猫の新しい里親の募集、しつけ相談なども定期的に行っています。
特に成猫の里親さん、大募集です。
性格のおとなしい猫がたくさんおりました。

もし、新たに犬猫を飼いたい!
っというかたがいらしたら、ペットショップにまっしぐらではなく、まずこういう所を見てからはいかがでしょうか?
高齢の方には、子犬、子猫ではなく、おとなしい成猫、成犬をおすすめします。


コメントの投稿

非公開コメント

先生に紹介していただいたロイヤルアシスタントドッグですが、先日の東浦のアフタースクールの会に参加させていただきました!

これまでに3回参加させていただき、私は動物を連れていけないので近藤さんに非常にお世話になっています。トレーニングされた、ビスタくんと2回ペアを組ませていただきました。

今はペット禁止のアパートなので動物が飼えませんが、一年以内には飼える環境を整えたいと思っています。
トレーニングをし、動物と共にボランティアに参加することを密かな目標としています。

今回の記事、とてもいろいろ考えさせられました。ありがとうございました。
プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -