fc2ブログ

火災のあと

火災の後、多くのかたから、応援と心配のお言葉をいただきました。

写真を載せるのは、非常に心苦しいのですが、遠方の方がたも心配しておられると思うので、
勇気をだして、被災状況をお伝えしようと思いました。

たくさんの方から、応援の衣服等をいただいたり、あたたかいお言葉いただき、ありがとうございます。
動物病院は、通常通り診察できます。
ドッグランは、整理中のため、使用できません。

DSC05610.jpg

動物病院の建て棟は、まったく無事で、正面外見だけだと、火事があったことを気づかない方もおられます。
横や後ろ側は、ひどく、耐熱スレートのおかげで、建物周囲には、まったく燃え広がっていません。
草木が燃えていない事でお分かりかと思います。



DSC05611.jpg

裏にあった、子供用ログハウスも、まったく燃えておりません。
昔、瓦工場で、重油を使い瓦を焼いていた建物なので、耐火性が優れていることがよくわかります。
木造部分の土壁もそのまま残っていました。

DSC05608.jpg
中を見ると、すべて燃えきっており、金属性のもの以外、なにもありません。
燃えていた時間は、わずか2時間たらずであったのに、火の回りが早いことが想像されます。
警察と消防が現場検証を行ったのですが、火の元すらわからないくらい、延焼が激しかったようです。
そうなると、警察もいろいろ疑って調べる必要があるらしく、現在も捜査中とのことです。

DSC05609.jpg

裏は、主に個人的な倉庫でしたが、
居住できるようにもなっており、入院がいた時には、泊まれるようになっていました。
家族もスタッフも、毎日使用したいたので、いろいろ想い出のものが、なくなってしまいました。

なくなるのは、一瞬です。
今を大切にしていこうと、強く感じました。

津波で家や家族を亡くした人からすれば、まだまだ なんでしょうね。

いろんな後悔や、寂しい思いを胸に、 あとかたづけや、挨拶回り、を頑張っています。

この惨事で、多くの物を失いましたが、たくさんの人に支えられ、
いままで自分がしてきたことが、よかったんだと気づかされました。

これまでどおり、これまで以上に、がんばって、恩返ししないといけないと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -