fc2ブログ

予防薬とエアコン

日中、暑くなってきました。
短頭種犬(パグ・ブル系)は、そろそろ10月までエアコンを入れましょう。

1年の予防の時期がやってきました。

・狂犬病ワクチン
・フィラリア予防薬
・ノミ予防

予防薬というのは、病気になってからでは、簡単に治せないから、あるものだと言うことをわかってほしい。

誤解している方が少なくないので、少し説明を加えたいと思います。
・狂犬病ワクチンについて

日本にはもう何十年もないと思っている人が多いが、5年ほど前に海外に行った人が2名、帰国後発症して死亡している。
戦後、日本人の並々ならぬ努力によって、今、狂犬病が我が国に無いことだけは知って欲しい。
そして、お隣、中国では、毎年、狂犬病で1000以上も死亡している。
当然ながら、他の国では、かわいいからといって野生動物を触るのは、厳禁です。アメリカでもです。
海外に派遣される獣医師は、当然、狂犬病ワクチンを注射しないといけないのですが、
この注射、おしりに打つのですが、とっても痛いのです・・・しかも2回も・・・


・フィラリア症
フィラリア症は、厳密に言うと「予防薬」ではなく、「虫下し」です。
お腹の虫下しと同じで、感染してから飲んで、増殖しないようにする駆虫薬になります。
ですから、もう蚊にさされ始めていますが、1ヶ月以内に服用すれば良いのです。
5月10日~12月10日まで、毎月1回で大丈夫です。
あやしいサイトでは、「フィラリアは感染しても、治療薬があるから、予防薬は必要ない」っと言ってます。
実名を公表していないサイトは、信じないようにお願いします。
実際、フィラリア成虫を殺す薬は確かにありますが、副作用がひどく、かなり死亡率が高いです。

・ノミ・ダニ
こちらは刺される前に虫を殺す、いわゆる「殺虫剤」です。
刺されてからでは、アレルギーが起きて痒いので、刺される前に使用します。
最近の物は比較的安全性が高く、持続するため、1ヶ月に1回で十分予防できます。
どんなお薬でも、副作用はありますが、ノミダニに刺されるリスクは、犬猫のみならず、人畜共通感染症も引き起こすので、マナー向上のためにも、予防していただきたいと思います。
ドッグラン経営者の考えですが、やはりノミやダニを付けての入場は、勘弁してほしいですよね?
外に散歩に行かない犬猫でも、野良猫が庭に入ってくる家は要注意です。
また、草むらは絶対入れないように。葉っぱの裏にはダニがいっぱいです。
除草剤散布も増えてきてますので、草も食べさせないように!

最期に、この夏も暑いと思います。
短頭種犬(パグ、ブル系、チワワ、キャバリア)、心不全の老犬
は、ずーっとエアコンつけてください。
5月~10月いっぱいまで。 もちろん夜中もです。
電気代はかかりますが、そういう犬ですから薬代だと思って下さい。
後悔しないためにも、ぜったい電気代はケチっちゃだめです!!!
あと、車内に犬を置いていくのも厳禁です。 ちょっとの時間でもダメです!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あつまりん

Author:あつまりん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク

あさおか動物病院のページ

過去の記事~2008年7月

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -